映画観るなら<U-NEXT>

2017年06月05日

マイノリティ・レポート

トム・クルーズかっこいいですねえ!!!

今回は近未来の犯罪予知システムの社会が背景です。スティーブン・スピルバーグの描いた世界ですね!

しかし、ずっと水の中で予知し続けさせるなんて、それこそ個人の自由がないではないですか?!三人の姿を見てこれはあり得ない形だと思いました。しかも、予知だけで犯罪者扱いとはいかがなものかと。。。犯罪防止は出来るかもしれませんが、間違いもありえる。犯罪を予知するよりも犯罪をさせないしない社会をつくる事が先では。。。

でも、そう言ってしまうとこの映画が成立しないので、映画の楽しさを見てみましょう!
「マイノリティ・レポート」の意味は「少数意見、少数報告」ということです。予言者3人の予知が一致しなかった場合のレポートということです。それはシステムの不完全さということで消去されます。そこに落とし穴が合ったというものです。犯罪を防ぐためのシステムを搔い潜って犯罪が行われたのです。それをトム・クルーズが見つけ出し解決するんです!

トム・クルーズの目玉を見た時にはビックリしましたよ!なんで自分が人を殺すのか、確かめたくて仕方がありません。僕だったら、その現場にはいかないでしょう。行かなければ、あり得ない訳ですから。でも、トム・クルーズは行ってしまう。スリルと推理の展開で面白いです!

トム・クルーズというとミッション・インポッシブルなどSFアクション物の作品があり、僕は楽しく見ています。今後も期待しています!!!
☆☆☆

posted by ひろちゃん at 23:04| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

ウルヴァリン:SAMURAI

いやー、面白かったですねえ!!! 「ウルヴァリン:SAMURAI」

U-NEXTで216ポイントで見ました!今セール価格なんで安かったです!「ローガン」見てきたばかりなので、まだ、見てない「ウルヴァリン:SAMURAI」を見ちゃいました!

時代は長崎原爆の頃から始まるとは!誰も想像してなかったですよね!そして、大企業と政治家の癒着、ヤクザの争いなどの日本社会。しかも、サムライの心、日本刀、忍者軍団まで環境にいれてくるとは面白いです。日本が全部紹介されているんですから!!対決シーンで一番の注目は新幹線上での戦いでしょう!やってくれますよね!!アクション映画では西部劇のころから列車上での戦いはかかせませんよね!僕が憶えている映画でもミッションインポッシブルなどでもあります。それが今じゃーあの時速200キロ以上で走る新幹線の上ですからね。

ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の相手役のマリコはTAOさんでしたね。本当に日本美人でよかったですね!着物が似合ってました!そして、一度見たら忘れない相棒役ユキオの福島リラさんはハリウッドでは人気女優なんです。知ってました!?

放浪していたウルヴァリンが自分の命について深く考えるところや、ジーンが夢に何度も出てくるシーンが、今回の内面的葛藤つまり悩みが、浮き彫りになりましたね。今回の事件がきっかけで再び精神的に強くなり戦士として生きていくことを決意した訳です!生きるために蘇ったんです!!!マリコとの別れは残念ですが、気持ちよく素敵なエンディンでしたね!また、マリコと会いたいんでしょうかね。ユキオは監視役みたいですよね。でもウルヴァリンがジーンの事を一番愛してるのはかわらないんですよね!!!

マーベル映画の定番、エンディングロールの後です!!!
来ましたね!!!大御所が二人でお出迎えですから!!!!!

いやー、映画って本当に楽しいですよね!!!
☆☆☆☆




posted by ひろちゃん at 13:08| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

ローガン

早速、ローガン見ました!!
ネタバレあります!!!
↓  
IMG_9984.JPG









結果から言うと、映画のラストの瞬間に泣ける!!!
ローガン(ヒュー・ジャックマン)が死んでしまう!その時、ローガンが思った事は「家族とはこういうものなのか!!!」
家族のいなかったローガンは、自分の遺伝子を継ぐものに出会い、死の瞬間に家族を悟る。。。
ローラ(ダフネ・キーン)は思わず「おとうさん」と叫ぶ!なんてこった泣ける!X-MENなのに、こういうラストシーンが待っているとは思わなかった!以外と人間らしいエンディングだ!

チャールズ(パトリック・スチュワート)も老いてしまい、あっけない最後だった。。。悲しい。。。ローガンも体が弱っていた。。。X-MENらしくないのだ。残虐なシーンは多いが、マーベル映画としては派手さを抑えた人間味のある映画になっている。以外であった。ストーリー的にはよくあるパターンで、弱いものを助け家族を守るということではあるが、ミュータントという環境なんで、そこは面白い!

これから、残された幼いミュータントたちはどうなるのだろうか?
気になる続編はあるのだろうか?!
ローラ役のダフネ・キーンがとても気になる・・・
☆☆☆☆

posted by ひろちゃん at 20:03| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

X-MEN:アポカリプス

さすがマーベル映画です!映像が凄い!

「X-MEN:アポカリプス」の冒頭のシーン迫力ですね!巨大ピラミッドの破壊!魂の転生!エジプトって神秘な文明ですよね!古代からX-MENたちがいたという設定なんですね!ありかもしれない。。

そして、でてくるキャラクターがいいですよねえ!特技を持ってみんな活躍する!
ピーターがみんなを助ける時にスローモードになり、楽々助けてしまう!シリアスな場面なのにロックな音楽で映像が面白い!ローガンもちらっと出てくるなんざまさにマーベル!X-MENの映画を全部つなげてしまうところにも興味が湧いてきて、前作をまた見返したくなるんですよ!!!

アポカリプスではジーンの計り知れない力を見せつけられた。ジーンはこの後でもっと凄い力を出してしまう!また、チャールズ(ジェームス・マカヴォイ)の頭がツルツルになってしまった理由がわかった。

パズルをつなぎ合わせるように映画ができている。好きな人なら、これでは全作品みなければ、気が済まないでしょう!恐るべしマーベル!!!
☆☆☆☆

posted by ひろちゃん at 01:04| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

メッセージ

2016年9月1日にヴェネツィア国際映画祭でプレ上映された!
そして、アカデミー賞受賞含む8部門ノミネートされた!

ネタバレかも

↓  






僕はこの映画「メッセージ」を見る前から、たぶん不思議な映画だと予感した。とても印象に残ったのはあの音楽とヘプタッポドの円形文字だ!

この映画、正直言ってわからなかった。なぜかというと、ルイーズ(エイミー・アダムス)中でいろんな変化が起こっていった。その状況になかなかついていけなかったからだ!しかし、この映画にはいろんなメッセージが含まれていると思う。単純に感動した部分もある。それはルイーズが未来を受け入れた事だ。イアン(ジェレミー・レナー)の言葉で彼女が受け入れた。わかり切っている事に真剣に生きていけるのだろうか?

SF映画で異星人との遭遇場面はいろいろあるが、このような遭遇が一番リアルかもしれない。初めての感覚だ!戦闘になりそうな場面は、ハラハラどきどきするスリルあるシーンもある。

いろんな要素が絡み合ってわかりにくいが、いろんな気づきを与えてくれるような気がする。見方によっては深い映画だと思う。見終わっても謎が多い。とにかく不思議な感覚でした!また、見返したい。

いやー、映画って凄いです!!!
☆☆☆☆
posted by ひろちゃん at 02:43| Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
映画放浪記