映画観るなら<U-NEXT>

2019年12月20日

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

初日ロードショー見てきました!!!

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

最高でした!!!

ネタばらします注意!!!

2547843B-514C-4A80-B62B-7CE2EA93C9F8.jpeg

↓  











スター・ウォーズ最終作での1番の感動シーン、
そして、涙してしまったシーンはここ!

スクリーンショット 2019-12-20 22.11.13.png

カイロ・レンを演じるアダム・ドライヴァーが、レイを演じるデイジー・リドリーとの戦いの時です。
母レイアを演じるキャリー・フィッシャーの命を賭けた想いに一瞬、レンは集中が切れ、レイに破れてしまう。
しかし、レイは命を蘇らせるパワーを使いレンを助ける。

レンはどうしたらいいのかわからない時に、父ハン・ソロ演じるハリソン・フォードの魂が現れ良心への道を蘇らせる!
レンは母、そして父からの愛情でとうとう暗黒から抜け出せたのです!!!
この場面です!!!涙が出るんです!!!レンも涙が出たでしょう!!!

親の愛情とはすごいものです!
今の社会にもっとも足りないものかもしれません。

基本中の基本ですねえ!感動シーンとは!

こういう人の心の内面へのツッコミが、

この映画「スター・ウォーズ」の一つの人気ポイントですね!




前作の続きではありますが、完結編はこれだけでも楽しめますね!

内容的には随分変化があります。新たな部分が大幅にあります。

暗黒の艦隊がとてもパワーアップしていて数もすごい数です。
1隻で惑星1つを簡単に破壊してしまう!

また、暗黒面のスノーク。前作でやっつけたと思いきや幻影をやっつけていて、本物は全然存在している!

そして、びっくりする力はレイのフォースが凄くパワーアップしていて、命を蘇生してしまう!
これには参りますよね!トランプで言えばオールマイティですから。


トータル的にみると「スター・ウォーズ」の人気な部分が満載です!!!

頭のいいドロイド、奇妙な惑星人たち。そして、それぞれの惑星環境。
そして、いろんな星の宇宙船、地上バイクや水上船、あらゆる乗り物。
どれひとつとっても本当に存在するのではないかと思わせる映像です!!!

映像が本当の素敵で迫力があります!!!

いやー映画ってすごいですよね!娯楽ですよね!
☆☆☆☆

電子書籍





posted by ひろちゃん at 21:56| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

ジュマンジ

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の前作です!

つまり、1995年に公開された1作目の「ジュマンジ」をBSで見ました!

2作目の「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」はまだ見ていません。
今度3作目があるようです。

初回作と言うことで内容は全然知りません。
ジャングルゲームみたいなことしか知りませんでした。

僕らの子供時代は人生ゲームが流行っており、休みの日には町内の仲間を誘っては楽しんでいました!
特に、正月休みは双六や花札、トランプと楽しみました!

ジュマンジのゲーム版やサイコロを見たとき子供のころを思い出し、映画を見ながらウキウキしました!

映画ですから、こういった奇想天外さはとっても楽しいです、
次、サイコロを振ると一体どんなことがおこるんだろうと、ワクワクします!!!

まあいろいろ起こりました!!

でも最後に、アラン・パリッシュ役のロビン・ウィリアムズが、お父さんの思いがわかり見ていてとっても幸せな気持ちになりました!

ジュディ・シェパード役のキルスティン・ダンストともいい中になれてこれも幸せです!

いいですねえ!映画って!
☆☆☆

2作目はこちら⬇️

posted by ひろちゃん at 18:40| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

ターミネーター:ニューフェイト

ロボットにも心が宿るのか?!

ネタバレあり
スクリーンショット 2019-12-02 0.24.08.png

↓  










↓  






ターミネーター役のアーノルド・シュワルツネッガーが目的を失い人と暮らし始めるとは!

AIが開発されていれば、それなりにできるかもしれない。

ブレードランナーでは人間かロボットか見分けることすら難しい。

いつかそんな世界がやってくるかもしれない。

人間関係の煩わしさから、生の人間より

自分の言うことを聞いてくれるAIロボットをペットのように扱うのだろうか。



では本題の「ターミネーター:ニューフェイト」です。

サラ・コナーは世界を守ったものの、自分の息子があっけなくターミネーターに殺されてしまう!

とにかくターミネーターに恨みがあるターミネーターキラーである!

サラは経験値高く安心できる存在。

しかし、サラは、息子を殺したターミネーター役のシュワルツネッガーと仲間になり、

異世代のターミネーターと戦う羽目になるとは!

そして、ダニー・ラモスをグレースと一緒に守ることになる。

見ている側にしてみれば、一緒に戦っているうちにターミネーターにも感情が芽生えてしまう。

ロボットであるが、流石に、死んでいく(破壊されるが正解だが)場面はジーンとくる!


ストーリー的にはほぼ同じような展開である。

サラ役のリンダ・ハミルトンとターミネーター役のアーノルド・シュワルツネッガーが、
年齢とともに迫力が出てきているのが頼もしい!!!

ダニー・ラモス役のナタリア・レイエスはまだ知名度が少ないところが、
逆に映画の中で新鮮さと未来リーダーとしての成長を期待して見ることができる!

グレース役のマッケンジー・デイヴィスも最近では「ブレードランラー2049」などで活躍中である!

まさにターミネーターとしての続編であるが、
とても迫力あり面白かった!!

☆☆☆

posted by ひろちゃん at 00:48| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

ジョーカー

いかに親の愛情が大事なのか!

注意!!!ネタバレあります!!!

yjimage.jpg






















ジョーカーは言った、お父さんに、抱きしめて欲しかった。。。

他に何もいらない、そのとき黙って抱きしめていたら変わっていただろう。

もう誰も信じられない、もう自分を止められない!


人間の弱さの跳ね返りだ!
もう何も怖くない!
ジョーカーは開き直った!
全てへの復讐だ!

さらーと見ると気がおかしくなったピエロの殺人映画となってしまうが、
奥ががとっても深い映画だ!


ハッピー(ジョーカー)はもともと、優しくて素直で、お母さん想いだった。
みんなを笑わせるのが幸せで、コメディアンになりたかった。
だが、世の中はそんなハッピーに辛くあたる、いじめられる。

こんな社会自体がもうおかしいはずなのに、誰もそう意識しなくなっている。
お金のための競争社会だ!
自分の子供にさえ暴力を振るう。

ハッピーは自分が悪くないのに仕事を首になってしまう。
俺悪くないのに!と代わりに叫びたい。

病気のお母さんにも優しく尽くしていたのに、
本当のことを知ってしまった!これは大ショックだ!
なんと自分のお父さんがウエインさんだったのだ!
まさかあり得ない話だ!

僕も、ハッピーと同じことをして本当かどうか確かめたと思う!
そして、会いに行っただろう。

それにしても、つれないウエインさん!
これはひどい!
いくら養子だったとしてもこれはないだろう!

そして、ジョーカーに生まれ変わった!!!

いやー映画ってすごいですねえ!
☆☆☆☆

posted by ひろちゃん at 01:08| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

ダークナイトのジューカー

バットマンvsジョーカーなのか、

正義vs悪なのか、


貧困が正義で金持ちと戦うのか、
金持ちが貧困のために戦うのか、
憎しみだけで戦うのか、
金持ちが欲で戦うのか、
悪が楽しくて戦うのか、

人間の極限の精神状態はどうなるのか?
故意に愛する者を奪われたときの人間とは?
家族愛が無かった子供たちはどうなるのか?

いろんな心の想いが湧き出てきてしまう映画。


今の社会では、お金持ちと貧しい人たちの格差が出てきているようです。

ジョーカーはお金が目的ではない。
こんな社会になったことに反抗し、壊してしまおうとしているのではないか?

バットマンはブルースが社会の犯罪を防ぐために自ら戦っている。
だが、それだけでは世の中の根本は変わらない。

ジョーカーは気が狂っているようだが、本人の中では、悪党も、正義を装う政治家も、バットマンも、やっつけてしまいたい!
自分をこんなにしてしまったこの社会を!!!
いろんな方法で人間の心の弱さを利用して復讐をしていく。
恐ろしいものである。

そして、正義の男でさえも悪の道に引っ張り込まれてしまった!
バットマンは、この罪を被り姿を消した!
ブルースはバットマンをやめた!

僕は、バットマンがいても世の中は変わらない。
人々が自ら変わらない限り、変わらないと感じた!
ダークナイトである!

いやー映画って辛い時もある!
☆☆☆☆




posted by ひろちゃん at 02:00| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする