映画観るなら<U-NEXT>

2019年09月30日

ブレードランナー ファイナル・カット

レプリカントとして作られた人造人間と人間の悲しいSF映画です!

近未来、地球からは自然なものがなくなってしまったのだろうか。
映画「ブレードランナー ファイナル・カット」では、とにかくいつも雨が降っていて暗い!
街も大きなビルがひしめいている。
荒れ果てているわけではないが、雑踏な中で、人間がひしめいて生きている。
こんな未来社会。大都会ではありそうな世界だ!
犯罪も頻繁にありそうだ!

よくこのような世界を描いたと思う。
挿入されてる音楽も音楽というより映画が呼吸している感じだ!
この雰囲気が冷たさ、暗さ、寂しさ、無感覚さを醸し出す!
まさにSF映画。

最近の映画は、映像が凄いのでSFを超えている!リアルSF映画だ!

この映画に出てくる場面は必要以外何もない無機質な部屋、あるいは雑踏なネオン街、雑居ビルなど。
人々は生きるのが精一杯なのか、夢がないのか、貧困なのか、上級階層と格差があるのか。
などといろいろと考えてしまう世界観だ!

ハリソン・フォード演じるブレードランナーであるデッカードが、
レイチェルというレプリカントと恋をする。
最後デッカードはレイチェルと逃亡して終わる。
デッカードの任務は逃亡したレプリカントを殺すことであるが、
そのレイチェルを好きになってしまうのだ。
まさに禁断の恋物語である!

デッカードが始末しようとしているレプリとの戦いも凄い。
レプリも本当の人間ではないからやることが残酷である。
レプリは4年しか生きられない。
デッカードを逆に追い詰めたレプリが、ほっておいてもビルから落ちて死んでしまうであろうデッカードを助けた。
もっといたぶってから殺すつもりだったのか、
自分の寿命がもうないことを悟り、最後をみとって欲しかったのだろうか?
もう殺す意味がないと思ったのだろうか?わからない。

映画って描き方でこんなに感じ方が違うものかと痛感した!
同じストーリーでもスターウォーズ的な描き方なら、
最後は問題だらけでもハッピーエンドになるであろう。
いやー映画って深いですよね!
☆☆☆


posted by ひろちゃん at 00:32| Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

インビクタス

クリント・イーストウッド監督の「インビクタス」

今、ワールドカップラグビーが開催されました。
初戦日本はロシアに勝ちました!
その後すぐのロードショーでした!

ラグビーのルールもよくわかりませんが、
そのW杯の開会式、そして試合も映画「インビクタス」も続けて見てしまいました!

だんだんラグビーに興味を持つようになってきました!
特にニュージーランドの「ハカ」という踊りに興味があります!
見たことはあったかもしれませんが、意味など知りませんでした。

この映画は、ネルソン・マンデラさんが大統領になり、南アフリカを立て直すために、
ラグビーを通して、国民全体が一つにまとまって欲しいと考え、選手たちとともに戦った映画のような気がします!

これもラグビーの教え「一人はチームのために、チームは一人のために」というような教えから、
社会でもお互い助け合って生きることを掲げていると思います!
これは日本人ならよくわかっていることです!
ラグビーにこんな精神があるなんて素晴らしいと感じました!!!
そして、試合が終われば、敵も味方もなく仲良くする「ノーサイドの精神」も素敵です!

この映画も黒人も白人もないんだ、同じ国民として仲良く助け合って生きていこうと思うマンデラさんの思いが、
ラグビー選手、ラグビーの試合、ラグビーの精神を通して、国民みんなに伝わったんですね!!!
ニュージーランドに勝った時、泣きそうになりました!!!

クリントイーストウッド監督の戦争映画「硫黄島からの手紙」こないだ見たばかりでした。
それもあって、興味津々で見てしまいました!

素晴らしい監督ですね!二つとも実話にもとづいた映画です!
決して、デフォルメはしていないと思います。
事実を忠実に再現したかったのだと思います。
それが尚更良い作品にしています。
見てる人に考えさせて感動させているのではないでしょうか!!!
☆☆☆☆


posted by ひろちゃん at 00:59| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

ワイルドスピード/スーパーコンボ

これぞ映画の醍醐味!!!

とにかく文句なく面白い!!!

3人が楽しい!!!

家族はいいねえ!!!



ただ、今までの流れでのワイルドスピードとはちょっと違って、ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルは今回出てこない!だから、泥臭さはないです!しかし、この二人!

⭐️ルーク・ホブス役のドウェイン・ジョンソン

⭐️デッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサム

この二人の掛け合いみたいなのが面白い、楽しい、そして、絶対負けない頼もしさ!!!

⭐️ハッティ・ショウ役のヴァネッサ・カービー

カーアクションには欠かせない美人!クールでかっこいい!


これで売れないわけがない!!大満足な一品です!
posted by ひろちゃん at 15:01| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする