映画観るなら<U-NEXT>

2017年07月22日

僕だけがいない街

「僕だけがいない街」の原作はコミックスです。

コミックスと映画では若干異なる部分があるようです。藤沼悟役、藤原竜也が信じていた八代先生役、及川光博に橋から落とされてからの時間から映画終わり間際の八代先生との再会までの悟の状況がカットされているようです。ここさえ再現できていれば、名探偵コナン的には、完璧なリバイバルですね!

でも、面白かったですよね!!!純粋に子供として同級生を助けたかった悟。大人になりお母さんを助けたかった悟。それと同時に、殺人犯の追求、以外な犯人!最後はまさかの悲しい結末!!

題名どおりの結末。。。
本当に「なんてこった」と思います。でも、死んだ悟は少しホットしているんではないでしょうか。犯人を捕まえ、同級生の雛月やお母さんの命を助けたんですから。。。

悟が死んでしまったのも本当に残念ですが、一番悲しい事は、片桐愛梨役、有村架純と出会った出来事が彼女から消えてしまった事でしょう。リバイバル後の出会いはほんのすれ違いのようなものでしたから。。。

いやー、映画っていいですよね!!!
☆☆☆☆

posted by ひろちゃん at 09:29| Comment(0) | 角川映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

藁の楯

一体なにが正義なのか、人間なのか、わからなくなってしまう!

「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます。」

という広告がでてしまう事自体あり得ないのだが、そこは映画です!!!
「誰からも狙われる最低な殺人犯を命をかけて守る!」という仕事です。仕事と割り切れればいいのでしょうが、誰でも殺してしまうほどの人間を守らなくてはならないという悲劇である。僕であったらその殺人犯が殺されるのを防げないと思う。その前にそんな仕事受けただろうか?!

僕は白岩篤子役の松嶋菜々子さんが死んでしまうシーンが悲しくて悲しくて仕方がありません!!!銘苅一基役の大沢たかおさんが殺したくても殺せない。その気持ちも悔しくて悔しくて仕方ありません!!!こんなに清丸国秀役の藤原竜也さんを憎いと思った事はありません!!!

結果、どんな場合でも。。。
犯罪や戦争で人を殺す訳ですが、恨んで仕返しをすることは、なんにもいい事がないようです。。。
自分で断ち切らねば、次々と連鎖するだけです。。。

posted by ひろちゃん at 22:16| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

キング・アーサー

これぞ映画館で見る映画!!!

ストーリーは単純ですが、アーサー役チャーリー・ハナムがスラムで育っていくシーンや聖剣エクスカリバーとアーサーの関係が深まっていく過程が面白い。そして、真実がわかる!伝説が本物になる!

アーサーは幼い時、両親が殺されるところを見ていたのですが、無意識に思い出したくなかったのでしょう。だから、悪夢にうなされたり、聖剣を手にしても幼いころの出来事を思いだせなかったのでは。。。自分がなにものなのかも思い出せない。。。その無意識の殻を破るためにはメイジの力が必要であったのです。

この映画のポイントはメイジ・魔術師の力ですね!アストリッド・ベルジュの演技が怪しげ感あふれてよかったです。そして、重要な敵役ジュード・ロウ演じるヴォーティガン!素晴らしい俳優さんです!やはり敵が偉大でないと映画がしまりませんよね!

あまり宣伝がされてなくて、どうなんだろうと思って見てみましたが、期待を裏切るほどいい映画でした!!!
☆☆☆
posted by ひろちゃん at 00:31| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
映画放浪記