映画観るなら<U-NEXT>

2020年03月22日

インデペンデンス・デイ: リサージェンス 地上波初

インデペンデンス・デイ: リサージェンスが地上波初放送です!

1回目はもちろん映画館で見ました!
凄い映像だったことを思い出しました!

当時、映画館で見た時も吹き替え版を見ました。
主役のジェイク・モリソン中尉 - リアム・ヘムズワースの声は藤原竜也でした。

他の声優たちも紹介しましょう!

・デイヴィッド・レヴィンソンESD部長 - ジェフ・ゴールドブラム(大塚芳忠)
・ディラン・ヒラー大尉 - ジェシー・T・ユーシャー(前野智昭)アニメ「図書館戦争」の堂上篤役などで知られる
・トーマス・J・ホイットモア元合衆国大統領 - ビル・プルマン(安原義人)
・パトリシア・ホイットモア - マイカ・モンロー(坂本真綾)「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの真希波・マリ・イラストリアス役などで知られる人気声優
・ランフォード合衆国大統領 - セーラ・ウォード(山口由里子)「ONE PIECE ワンピース」ニコ・ロビン役など
・ジョシュア・T・アダムズ将軍(大統領) - ウィリアム・フィクナー(立木文彦)
・ジュリアス・レヴィンソン - ジャド・ハーシュ(清川元夢)
・ブラキッシュ・オーキン博士 - ブレント・スパイナー(掛川裕彦)
・タナー国防長官 - パトリック・セント・エスプリト(蜂須賀智隆)
・ジャスミン・ヒラー - ヴィヴィカ・A・フォックス(渡辺美佐)
・レイン・ラオ中尉 - アンジェラベイビー(小松未可子)
・キャサリン・マルソー - シャルロット・ゲンズブール(林原めぐみ)「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの綾波レイ役でおなじみ
・ディケンベ・ウンブトゥ - デオビア・オパレイ(英語版)(乃村健次)
・フロイド・ローゼンバーグ - ニコラス・ライト(松本忍)
・チャーリー・ミラー - トラヴィス・トープ(石田彰)「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの渚カヲル役でおなじみ
・ジャン司令官 - チン・ハン(上田燿司)
・トラヴィス護衛官 - ベンガ・アキナベ(白熊寛嗣)
・アイザックス博士 - ジョン・ストーレー(星野充昭)
・サム - ジョーイ・キング(潘めぐみ)
・球体の声 - ジェナ・パーディ(御沓優子)

と言った顔ぶれ、いや声ぶれですか?!
声優さん大活躍です!

特に、僕の好きなエヴァンゲリオンの綾波レイさんの声優、林原恵さんの声が聞けて嬉しかったです!

映画的には攻めてくる宇宙人からどうやって地球を守るかというわかりやすいストーリーです!
ただ、続編ということもあって前作からどう工夫しているかがポイントです!

その辺は、いきなり宇宙船から電波を出し始めたり、違う宇宙人がいたりで、宇宙にも敵と味方がいたりで面白い設定になっています!

そして、地球人、国も何もこだわりなく団結して戦うというアメリカンスピリットを感じました!

何度も何度もやっつけ切れない状況からギリギリでやっと倒すところが、映像の素晴らしさでハラハラ楽しく観ることができました!

これはTVではなく、映画館の大スクリーンで見る映画ですね!


posted by ひろちゃん at 15:47| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

ナイト&デイ

トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演のアクション映画!

「ナイト&デイ」、2010年の作品です。

トム・クルーズとキャメロン・ディアスは2001年の作品「バニラスカイ」以来の共演です。

トム・クルーズの主演映画は、
1996年ミッション:インポッシブル
2000年ミッション:インポッシブル2

という様にトム・クルーズがアクション映画の代名詞の様になった頃ですから、
「ナイト&デイ」は安心して見れる娯楽スパイアクション映画になっています!
もちろんキャメロン・ディアスとのコメディタッチで楽しさ倍増です!


キャメロン・ディアスの水着姿が眩しかったですねえ!!
素敵な女優さんですよね!

とにかくイケメンには美女という環境はアクション映画には欠かせません!!!
ミッション:インポッシブルや007ジェームズボンドもその代表ですね!

「ナイト&デイ」のラストでジューン役のキャメロン・ディアスがロイ・ミラー役トム・クルーズに、ナイト家への航空チケットを送るところは粋な計らいでしたね!

とてもいいオチでした!
映画って素敵ですねえ!
 
ではまた、お会いしましょう!
さいなら、さいなら、さいなら。
☆☆☆


posted by ひろちゃん at 19:02| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

エクスポーズ 暗闇の迷宮

女優アナ・デ・アルマス演技がいいですねえ!

綺麗で色っぽいですね!

「ブレードランナー2049」に出演していて、
素敵な女優さんだなあと思い、他の作品を探して見ました。

そこでU-NEXTで見つけました。

この映画「エクスポーズ 暗闇の迷宮」2015年の作品です!

刑事役のキアヌ・リーヴスが相棒の死の真相に迫っていく映画です。
謎が謎を呼ぶスリリングな展開です。

最後には犯人が分かるのですが、まさかの展開でした!

イサベル役のアナ・デ・アルマスが子供の頃、父親にされていたことがトラウマになっていたんでしょうね!
そのことがあって自分のやってしまった事に蓋をしてしまい自ら記憶から消してしまったのでしょう!

映画の展開も天使?や悪魔?が出てきて一体どうゆう事?という場面がいくつか出てきます。
そこで見ているものが引きつけられていく!

見終わってよくわからなかったので、U-NEXTで何度か見直しました。

そしてやっと、面白かった!


「ノック・ノック」でもキアヌと共演しているアナ・デ・アルマスです!

U-NEXTでこれも見たい!
     ⬇️
電子書籍
posted by ひろちゃん at 21:50| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

ワイルド・スピード 1作目

BSで「ワイルド・スピード」を再度見ました!

2001年の作品です。

今見ると、出演している、

ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、
ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)、
ミシェル・ロドリゲス(レティ)

らが若い!!

1作目とあって何かしら新鮮!
何年も前に見ていたので、ストーリーは全然忘れてました!
こんなだったかなあって感じです!

ゼロヨンにだけに生きているドミニクの生き様を感じます。

警官のブライアンがおとり捜査に入りますが、ドミニクやジェシーに魅かれ、裏切りに心を痛める。
結局、裏切った形になったが、ドミニクを逃す。
次回作を想像させる、エンディングロール後のメキシコでドミニクが車を飛ばすシーン!

全体に荒削りな映画だが、カーマニアにはたまらないんでしょうね!

このワイルド・スピード 1作目から思うと、
だんだん凄い今のカーアクション映画になるとは想像もしていませんでした!

音楽も黒人っぽいノリで映画の雰囲気を作っていましたね!

U- NEXTなら1作目から6作目が無料で見れます==>>ワイルド・スピード【映画】
8作目までまとめて見たいならこれ⏬


posted by ひろちゃん at 23:15| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

バニラ・スカイ

2001年、トム・クルーズ主演の映画作品「バニラ・スカイ」です。

当時、映画館でロードショーを見たかったんですが、見逃しました!

U-NEXTで見つけてちゃいました。ようやく見ることができました!
U-NEXTで無料です!だいぶ前の映画ですからね。

トム・クルーズがこんなにどうしようもなくなった役柄があったんですね!

「ミッションインポッシブル」ではいつもかっこいいモテる役!アクションも素敵です!

今回もお金持ちの御曹子でイケメンでプレイボーイ役です。
だが、ストーリーはデイビッド(トム・クルーズ)が、わがままで、プレイボーイすぎるが故に、地獄へ落とされる!
イケメンの顔さえ潰される!
ソフィア(ペネロペ・クルス)からも見放される!

男から見れば、うらやましいが故に、「いいキミだ。」とちょっと妬んでしまう!
親友のブライアン(ジェイソン・リー)の気持ちがよくわかる。

ソフィアと出会い、今までの自分ではなく、本当に生きる道を見つけたのに、

奈落のそこに落ちるんですねえ!

こういうタイミングって意外とありそうです!
平凡な人は順調に幸せになることが多そうですが、
きっと、お金持ちや力にある人には大きな試練がくるんですね!


映画に引き込まれていくと、デイビッド(トム・クルーズ)の真実と夢がわからない。
見ていてもどれが真実なのかわからなくなる。
そこからが面白い。謎解きになってくる。
どれが夢?どうして?なぜ?

観客にとってわからないことが、わかってくることほど楽しいことはない!

最後に謎が解けると、デイビッド(トム・クルーズ)の記憶が蘇る!

そして、全てがわかり、全てをなくした自分に戻ることに決める!

ソフィア(ペネロペ・クルス)にであったあの日からの自分で生きていくことに!
デイビッド(トム・クルーズ)は今までの流されてわがままに生きてきたことに改心し、
自分で生きていこうとする。本当の人生を生きようとする!

夢の中のソフィア(ペネロペ・クルス)にキスをしながら、誓ったのでしょう!
本物のソフィアに会って、本当に自分の生き方を認めてもらうまで!

1度目見た時はどこが夢なのかよくわからず、大事なところは2度3度見ました。

そして、最後にこのキスシーンで、僕は泣いてしまった。。。!

。。。人に対して、小さな事でも大事にしないと、信頼や、愛情は簡単に崩れてしまうものだと悟った!!!



音楽好きの僕にとって「バニラ・スカイ」のオリジナル・サウンドトラックはアルバムとしてもイケてますね!!

キャメロン・クロウ監督の選曲センスがいいですよね!
映画の挿入曲が光る!!アメリカンっぽいですよね!
キャメロン監督の奥様は、あのハートのナンシー・ウィルソンですよ!!!
僕はハートの第ファンです!!!しかもナンシーはギターが弾けて美人ときています!!!
夫人も内助の功で参加しているし、キャメロン・ディアスの歌声も聴けるのがうれしいですよね!。
でも一番の注目はR.E.M.とポール・マッカートニーの曲ですね!
    ⬇️⬇️⬇️

posted by ひろちゃん at 19:39| Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする